音楽

81歳のスチ-ルギタリスト

皆さんスチールギターってご存知ですか?ハワイアンの曲notesといったら思い浮かべられるあのヒュイ~ンって感じ(分かります?)の音が出る楽器なのですが、それを一から作ってしまった人がいて、しかも歳がなんと81歳のおじいさんです。1_2

普通、作る楽器ではないのです。別にそういう仕事をしていた人でもなく、ただ作ってみたくなったそうです。台座の集成材にフレットをつけて弦を張って、って書くとすぐできそうですが、そんな簡単にできるものではありません。形だけならある程度の人はできるかもしれませんが、正確な音を出せる楽器にまで完成させるのは並大抵ではありません。清水のほうで、スチールギターをやっている人のものを見せてもらったり、音を聞いてもらいながら完成させたようです。ビスが思っていたより長かったりして、たかだか数十円のビスを買いに何百円もガソリン代を掛けてジャンボエンチョーに通ったそうです。2

製作開始から完成までほぼ半年、音がきれいになるように調整するのに1ヶ月。ほぼ忘れかけた(というより若いころ数回触ったことがある程度だったようです)曲をひく練習に2ヶ月。かなりがんばったと思われます3

今月初めに富士宮のフォレストヒルズで完成お披露目会が開かれました。富士、富士宮や静岡のハワイアン好きのフラダンサーやバンドの人たちが120人くらい集まりかなり盛大に盛り上がりました。
製作者の後藤さんは、僕らのバンドと一緒に
3曲ほど披露しその美しい音色にみな惜しみない拍手を送りました。後藤さんも、「こんなうれしいことはありません。」とうっすら涙を浮かべ喜んでくれました。

それにしても、80を過ぎ4ても何かに挑戦したいというこの姿勢には感服いたします。さらにこの方は、数年前に一度倒れて、生死をさまよったのだそうです。いわば今は第3の人生って所でしょうか。 皆さんがんばって楽しく長生きしましょうね。

もう少し書きたいことがあったのですが、ちょっと長くなってしまったので、この続きはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私らしく・・・フラメンコ<2>

ニュ-スレタ-『心ほっこり』にも書きましたが、12月2日(日)のフラメンコ発表会がいよいよあと3日と迫ってきました。3年ぶり2度目の今回の大発表会、1曲目はスペインの盆踊りのような曲「セビジャ-ナス」をカスタネット付で全員(21人)でオ-プニングに踊ります。2曲目は「アレグリア」という曲を10人で、生ギタ-と歌で踊る曲なのですが・・・難しいです、この場におよんで、とにかく皆の息が合いません(^_^;)困りました。2

7分間くらいある長い曲なのに、トイレタイムになってしまったらどうしよう(~o~)それとも違う意味でみんなの目を釘付け?!「アレグリアス <Alegria>」はスペイン語で ”喜び” という意味だそうで、踊りの曲種の中でも様々な場面を持つドラマ性のある曲なんだそうです。確かに、陽気に→せつなげに→激しく→楽しく・・・みたいな。もう、こうなったら、多少バラバラでもパフォ-マンスでごまかすしかないか!う~ん、陽気に楽しくは得意なんですが、せつなく・・・はかなく・・・が、私の場合ちょっと・・・眉間にしわ寄せればいいってもんでもないですよ・・・ね。(^^ゞ                 心ほっこり編集室 小川 薫

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|