趣味

81歳のスチ-ルギタリスト

皆さんスチールギターってご存知ですか?ハワイアンの曲notesといったら思い浮かべられるあのヒュイ~ンって感じ(分かります?)の音が出る楽器なのですが、それを一から作ってしまった人がいて、しかも歳がなんと81歳のおじいさんです。1_2

普通、作る楽器ではないのです。別にそういう仕事をしていた人でもなく、ただ作ってみたくなったそうです。台座の集成材にフレットをつけて弦を張って、って書くとすぐできそうですが、そんな簡単にできるものではありません。形だけならある程度の人はできるかもしれませんが、正確な音を出せる楽器にまで完成させるのは並大抵ではありません。清水のほうで、スチールギターをやっている人のものを見せてもらったり、音を聞いてもらいながら完成させたようです。ビスが思っていたより長かったりして、たかだか数十円のビスを買いに何百円もガソリン代を掛けてジャンボエンチョーに通ったそうです。2

製作開始から完成までほぼ半年、音がきれいになるように調整するのに1ヶ月。ほぼ忘れかけた(というより若いころ数回触ったことがある程度だったようです)曲をひく練習に2ヶ月。かなりがんばったと思われます3

今月初めに富士宮のフォレストヒルズで完成お披露目会が開かれました。富士、富士宮や静岡のハワイアン好きのフラダンサーやバンドの人たちが120人くらい集まりかなり盛大に盛り上がりました。
製作者の後藤さんは、僕らのバンドと一緒に
3曲ほど披露しその美しい音色にみな惜しみない拍手を送りました。後藤さんも、「こんなうれしいことはありません。」とうっすら涙を浮かべ喜んでくれました。

それにしても、80を過ぎ4ても何かに挑戦したいというこの姿勢には感服いたします。さらにこの方は、数年前に一度倒れて、生死をさまよったのだそうです。いわば今は第3の人生って所でしょうか。 皆さんがんばって楽しく長生きしましょうね。

もう少し書きたいことがあったのですが、ちょっと長くなってしまったので、この続きはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私らしく・・・フラメンコ<7>

私らしく・・・フラメンコシリ-ズ(自分で勝手にシリ-ズにしているwink)の<6>を書いたのが”2008年”でしたので、何と3年も経ってしまってました(゜o゜)
今日は久し振りに、本当に久し振りに、「私らしく・・・フラメンコ<7>」を書こうかと思います。

今までフラメンコを習ってきて、一番最初に持ったのが、パリ-ジョ(カスタネット)、その後コルドベス(帽子)、それからアバニコ(扇子)でした。そして今は、マントン(三角形のショ-ルのような物)を回しながら、パタ・デ・コ-ラという裾を後ろに長く引きずった衣装を着て踊る練習をしています。
フラメンコを習っている人なら、一度はこのパタデコ-ラをはいて踊ってみたいと思う衣装だと私は思うのですが、いや~これがまた扱うのが大変なしろものでwobbly毎回毎回、あの長い尻尾に振り回されております。
(仲間と色違いで、オ-ダ-して作ってもらいました。私はオレンジ色にしたのですが、失敗です、膨張色でしたcoldsweats02もっと濃い色にするべきだった・・・下っ腹が・・・sweat01 Photo_3

パタ・デ・コ-ラというのは、スペイン語で、「蝶のしっぽ」という意味があるのだそうで、後ろの長~いシッポを、足で蹴り上げたり、抱えたりして踊るのですが、重いし中にカンカンというフリルがたくさん入っていて、踏んでしまうし(ビリッっと破れる音が何回か軽くしましたsweat01)、まだまだ慣れずに正直手をやいて・・・いや、足をやいております。
この間のレッスンで、先生に思わず「踊れるようになる気が、まるでしません・・・weep」と、泣き言を言ってしまいました。

この衣装を着ての練習はboutique、いつもの3倍は疲れます。腰にも結構きますし、太ももは毎回筋肉痛です。が、これがうまくさばけるようになったら、これぞ!フラメンコって感じだと思うのです。

”パタ・デ・コ-ラを着て踊る時は、決して自分を目立たせる為・華やかに見せる為でそれを着るのではなく、パタ・デ・コ-ラを踊りの中で意味ある形で表す・・・大きく、優雅に、まるで共演者のように・・・”だそうで、なかなか奥の深い衣装です。
来年の大発表会に向かって、この気難しい共演者と一緒に頑張りますgood!」!と、ここで宣言して、泣きが入らないように、凹まないように、自分にプレッシャ-をかけておこうかと思います(^_^)v

                  心ほっこり編集室 小川 薫

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビルトインガレージの木造3階建住宅 完成見学会

0131_2 今週末12日(土)13日(日)、沼津市にて完成現場見学会を開催いたします。沼津市立開北小学校南側で、イトーヨカドーの近くです。
この建物のタイトルは”~準防火地域に建つビルトインガレージの木造3階建~「街中でかしこく暮らす家」”と付いています。
まー長いタイトルcoldsweats01って思いましたが、そこには営業の庄司さんの思いがこもっていて、どの単語もはずすことができなかったのだと思います。
ビルトインガレージに興味のある方、また3階建てをお考えの方には、ぜひ見ていただきたい建物ですflair
0131_4  開口5.5m、2台並列のビルトインガレージです。それも木造住宅で気密性・断熱性・耐震性にすぐれた3階建住宅です!
自信をもって『重量木骨の家』SE構法の家をご案内いたします!
駐車場もご用意してございますので、街中ではありますがお気軽にお越しくださいrvcar
詳しくは建築工房わたなべHPをご覧ください。
私も受け付でお待ちしております。m(_ _)m

Sn3g0181_2 話は変わりますが、前回ブログで、「手話狂言に行ってきます。後日報告します。」と書きましたので、遅くなりましたが、ちょっと報告いたします。
念願の国立能楽堂、素晴らしかったですshine。そして一言、とても楽しかったですhappy01。実際の狂言というものを見たことがないので、比べることはできませんが、狂言師の方の声と、演じているろう者の呼吸がぴたりと合っていて、ゆっくりとした中にもリズミカルでテンポのいいやりとりがおもしろく、また手話表現も豊かで、勉強にもなりました。内容もとても楽しかったです。主催者、社会福祉法人トット基金の黒柳徹子さんの、通訳者さん泣かせの早口なお話もとてもおもしろくて、充実した時間を過ごすことができました。
おすすめです。来年は手話サークルのみんなも誘って行きたいなと思っていますhappy01

三島営業所 村山

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ボウリング大会

Photo 今夜「ふもと会ボウリング大会」がありました。
静岡県労働金庫と地域の住宅会社24社で構成されている「ふもと会」では、毎年春・秋にボウリング大会が開かれています。各社4名1チームで、スコアを競います。1
 我が「建築工房わたなべ」チームは、過去に優勝もあり、ベスト3入りも何度かある強豪チームの一つです。
残念ながら前回の21年秋季は4位でした。その時には私が足を引っ張ってしまいました。今回も前回と同じ私・庄司さん・新井君・依田君というメンバーです。「今回は足を引っ張らないように」と思ったのですが・・・
 ゲームが終わり、表彰式へ。チームのスコアとしては、ベスト3入りが狙えるか?という感じでしたが、また私が足を引っ張りもう一伸び足りないと思っていました。
2 ところが結果は、なんと「優勝」だったのです。庄司さんの「ハイゲーム賞」「個人優勝」の素晴らしい活躍は私の穴を埋めるのに充分でした。
 「足を引っ張って申し訳ない」と思っていましたが、そんなことも気にしないで済む結果でホッとしました。
 次回は、借りを返します。   
                       営業部 石川

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私らしく・・・フラメンコ<2>

ニュ-スレタ-『心ほっこり』にも書きましたが、12月2日(日)のフラメンコ発表会がいよいよあと3日と迫ってきました。3年ぶり2度目の今回の大発表会、1曲目はスペインの盆踊りのような曲「セビジャ-ナス」をカスタネット付で全員(21人)でオ-プニングに踊ります。2曲目は「アレグリア」という曲を10人で、生ギタ-と歌で踊る曲なのですが・・・難しいです、この場におよんで、とにかく皆の息が合いません(^_^;)困りました。2

7分間くらいある長い曲なのに、トイレタイムになってしまったらどうしよう(~o~)それとも違う意味でみんなの目を釘付け?!「アレグリアス <Alegria>」はスペイン語で ”喜び” という意味だそうで、踊りの曲種の中でも様々な場面を持つドラマ性のある曲なんだそうです。確かに、陽気に→せつなげに→激しく→楽しく・・・みたいな。もう、こうなったら、多少バラバラでもパフォ-マンスでごまかすしかないか!う~ん、陽気に楽しくは得意なんですが、せつなく・・・はかなく・・・が、私の場合ちょっと・・・眉間にしわ寄せればいいってもんでもないですよ・・・ね。(^^ゞ                 心ほっこり編集室 小川 薫

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

私らしく・・・フラメンコ<1>

昔伊勢志摩スペイン村に遊びに行った時に、フラメンコのショ-を見てから憧れ、いつかフラメンコを踊れるようになりたいとずっと思っていました。4年前にカルチャ-スク-ルで教室が開講された時に真っ先に申し込み、週一回のレッスンを受けてきたのですが、本当にフラメンコは難しいですね。4年間でまだ3曲しか踊れるようになっていません。富士祭りや、町内のお祭りで踊っている姿をビデオに撮ってもらったのを見ると、「えっ?!私ってこんな踊り方をしていたの?」って毎回思い、もしかしたら私はフラメンコに向いていないのかも・・・と何回落ち込んだ事か(^_^;)

Photo 主人(マ-さん)には、「今日も盆踊りの練習?」とか言われ、父からは、「その歳になると、恥ずかしいものはないんだなあ・・」などと言われながらも、素適な先生や気の合う仲間に支えられて何とかここまできました。私らしくフラメンコ・・・これから時々書いていこうと思います。

 心ほっこり編集室 小川 薫

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

水曜定休

 10日(水曜日)、休日でした。私たち住宅会社の営業は水曜日休みの会社が多いのです。
 中学1年生の息子が、部活でテニスをやっているのですが、毎週水曜日はその部活が休みなので、親子でテニスをしようということになりました。私も中学・高校時代はテニス部でした。中学に入ってからテニスをはじめた息子と、かつてはやっていたけど20年以上ラケットを握っていなかった私。満足に息子の相手ができるのだろうか?あまりに下手だと父親としての威厳が・・・。とても不安でした。
 ところが、はじめてみると、これがけっこう出来るもんなんですね。ほんと自分でもびっくり。決して息子にひけをとるものではありませんでした。
 しかし、普段から運動している息子と、何も運動をしていない私。技術的には対等もしくはそれ以上だと思うのですが、体力の差は歴然でした。10分も続けると息が上がってしまい、「休憩しよう」を連発してしまいました。息子は「もう休憩かよ」とぼやいていましたが。

 翌日からが大変です。今日で2日経ちますがまだ体中が筋肉痛です。
 でも、久しぶりのテニスとても楽しかったです。これからも水曜日は息子とテニスを続けていこうかと思っています。
 水曜定休ならぬ水曜庭球ですね。

                               営業部 石川

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|