« 由比の現場着工しました。 | トップページ | 富士山の日 »

今月の『アイデアノ-ト』は・・・ペットロスに陥らないために~

Photo アイデアノ-ト  ~ペットロスに陥らないために~

飼っているペットが死んでしまうのは、たいへん辛く悲しいことです。
家族の一員として共に生活してきた年月が長ければ、なおのことでしょう。中には、喪失感から心身のバランスを崩してしまう「ペットロス症候群」に陥る人もいるといいます。

●きちんと「お別れ」をする・・・3軒に1件の家庭でペットを飼っているといわれる現代。
近隣とのコミュニケ-ション不足と言われるだけに、心の支えとしてペットの役割は大きいといえるでしょう。201121_2

家族として暮らしてきたペットが死ぬと、悲しみからなかなか立ち直ることが出来ずに、苦しむ人があります。
その死を受け入れるには、「葬儀」を行い、ちゃんとお別れをするという、人の場合と同じような手順が必要かもしれません。

●ペットの葬儀・・・昔は、ペットが死んでしまったら自宅の庭などに埋めたものですが、今の住宅事情ではそうもいかない事が多いですね。 そこで、ペットの火葬・葬儀を請け負う業者に依頼することを考えてみましょう。
ペット霊園や、ペット専門の葬儀社などを利用する場合、色々な取り扱い方があります。その一つ合同火葬では、数体を一緒に火葬・埋葬します。個別に火葬する場合は、立ち会うかどうか選べることが多いようです。
費用は、動物の大きさによりますが、1万円~5万円ほどです。
自治体によっては、ペットの遺骸を引き取るところもありますので、問い合わせてみてください。201122

●ペットロスになってしまったら・・・それでも悲しみが癒えず、気持ちがふさいでどうしようもないなら、一人でその気持ちを抱え込まないようにしましょう。ペットの死で自分を責めないことが大切です。
おすすめなのが、インタ-ネットのペットロス関連のサイトです。同じ悩みや苦しみを抱えた人達の生の声を読んだり、ブログや掲示板でコミュニケ-ションをとりあうことで、少しずつ気持ちの整理が付く事でしょう。

私は動物を飼う時に、『動物は、人間よりずっと早い時期にお別れの時がくる!』と、いつも自分に言い聞かせて飼ってるのですが、それでもやっぱり、お別れの時は辛かったし、今でも思い出すと涙が出る時があります。
だけど、人間と本当に同じようにお経をあげてもらい、火葬して、「ももちゃん、我が家にきてくれて本当にありがとう」と書いてある骨壷にいれた時に、お別れが出来た気がしましたね。

今思うと、ここに書いてある「きちんとお別れをする」といのうは、動物を飼った以上別れは絶対に避けては通れないので、本当に大切な事なのかもしれません。

心ほっこり編集室 小川 薫

|

« 由比の現場着工しました。 | トップページ | 富士山の日 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

『心ほっこり』編集室 小川」カテゴリの記事

コメント

ペットロス症候群か・・・。
私、これにかかりそうですよ・・・。
とらこと暮らし始めた時、野良猫のとらこの年齢を
ご近所さんから推定で教えてもらいました。
あの時が、8歳。
となると、この春で、とらこは13歳です。
人間でいうと、70歳。
毎日毎日、自分に言い聞かせている今日この頃です。
いつかは・・・と。
そう考えているだけで、涙が・・・。ハハハ。
つらいですね。
悔やむのは嫌ですから、
今日という日を大事に、とらことポジティブに過ごそう!っと。
とらこは、ポジティブって意味がわかるかなぁ。

投稿: 宮 | 2011年2月19日 (土) 14時54分

宮様

私の周りにも何人か「ペットロス症候群」にかかってしまった人いますよ・・・
毎日一緒に暮らしていると、本当に家族ですもんね。言葉が話せない分、人間同士よりも強い絆で結ばれた家族って感じしませんか?

私も、く~ちゃん相変わらず暴れん坊将軍ですが、一日一日を大切に過ごそうと思います。
今日の夜から、志賀高原にスキ-に行ってきます。く~ちゃんは、いつもの動物病院にお泊りです。
初めてのお泊り・・・大丈夫でしょうか

投稿: 心ほっこり編集室 小川 薫 | 2011年2月19日 (土) 17時03分

人間同士よりも強い絆・・・
そうですそうです!!!そうですね!
確かに、家族の誰よりも、
とらことの絆ってすごいもので、
言葉には言い表せないです。
くうちゃん、動物病院にお泊りなんですね。
寂しいだろうな・・・。
でも、慣れさせないと、いけません!!!
こういう日もあるのだ!と。
とらこは、昨年末、9日間ペットショップに預けました。
帰ってきてから、5時間くらいは、
気が狂ったようで、手がつけられませんでした。
声もカラカラで、目つきがするどくなってしまって。
でも、その後は、思いっきり甘えさせてあげました。

投稿: 宮 | 2011年2月21日 (月) 12時36分

宮様

とらちゃん、ものすごく寂しかったんですね、きっと

く~は、昨日の夜8:00位に迎えに行ったのですが、寝ぼけたような顔して出てきたんですよ。だから、ああ場所が変わっても、この子は寝れるんだなあ・・・と思っていたのですが、違いますね、きっと神経使って疲れきったんですね
夜布団に入ったら、即!爆睡したそうです。
それと、帰ってきてすぐ、う〇ちをそれはそれは、たくさんして、又今朝の散歩で、行きと帰りに・・・。本当にびっくりしてしまいました。
ああ見えても本当は繊細だったのかしら?と、ま-さんと話して笑いました。

投稿: 心ほっこり編集室 小川 薫 | 2011年2月22日 (火) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の『アイデアノ-ト』は・・・ペットロスに陥らないために~:

« 由比の現場着工しました。 | トップページ | 富士山の日 »