« 手話狂言 | トップページ | 「見学会」盛況でした »

パナソニック電工「Total Seminar」レポ-ト ~後編~

お待たせ致しました。セミナ-レポ-トの後編です。
後編は、1室1灯の灯かりでは、後々後悔することになってしまうので、灯かりの仙人(入永所長)の言う、『後悔しない灯かりの組み立て方』について書きたいと思います。

住宅のリビング・ダイニングや寝室では、【家族の団欒】 【食事】 【TV鑑賞】 【読書】 など色々な生シ-ンが生まれます。これらの生活シ-ンに対応した灯かりが「後悔しない、快適な生活を約束するあかり』だと、灯かりの仙人(入永所長)は言うのです。

●生活シ-ン毎の”あかりのシ-ン”を組立てること→部分照明で構成されたあかりの組立・・・適所適光

●それらを自由に組み合わせて出来る・・・適時適照 が重要なのだとか。

そのコツは、①「人の居場所」を見つけること(TVはどこに置くか?ソファ-は?)
         ②人の居場所に、作業に必要な「あかりだまり」をつくる
        ③人の居場所から、視野が向かう壁・天井に「背景のあかり」をつくる
        ④あかりだまりを消した時に「残すあかり」も重要

生活シ-ンを組立たら、今度はそれを回路区分して ”制御方法”を決めます。
そのコツは、①同時に制御する照明器具をくくる
        ②制御方法を決める・・・【点灯】 【消灯】 【調光】
        ③制御機器を選定する・・・【壁スイッチ】 【ライトコントロ-ル】 【集中スイッ
         チ】 【記憶調光】 【リモコン】 【手元スイッチ】

ここで、問題になってくるのがスイッチやライトコントロ-ルでシ-ンを作ったとしても、毎日ライコンで明るさを調整するのは煩雑で、やっぱりその内全部を点けるようになってしまいがちです。
そこで、必要なシ-ンを簡単に再現できるスイッチが『リビングライコン』です。3_2 2

特長1:複数のスイッチを1つに!
特長2:お好みの灯かりパタ-ンを記憶、ワンタッチで切り替え!
特長3:生活シ-ン毎の切り替えで、満足しながら、自然にエコ生活!

前から「リビングライコン」はいいけど、高いというイメ-ジがあったのですが、今度49,000円で5回路マルチ調光タイプが発売されました。
これなら、今までよくありがちな、例えば 蛍光灯1回路を調光、他4回路は点滅の場合より、11,000円位のアップで、このリビングライコンが付けられます。
どうでしょうか?このくらいのアップなら、何か使えそうな気がしませんか?
(蛍光灯2回路を調光、他3回路は点滅の場合だと、何と!リビングライコンの方が、23,200円もお得

リビングライコンは高くて、何が出来るのかわからず、そしてとにかく難しい・・・とず~っと思い込んでいた私ですが、仙人の説明を聞いている内に、”もしかして、私にも負荷の計算が出来て、裏の配線の説明も出来るかも・・・”と思ってしまった小川でした

心ほっこり編集室 小川 薫

|

« 手話狂言 | トップページ | 「見学会」盛況でした »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

『心ほっこり』編集室 小川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック電工「Total Seminar」レポ-ト ~後編~:

« 手話狂言 | トップページ | 「見学会」盛況でした »