« お祝い電報 | トップページ | さわやかウォーキング »

長期優良住宅先導事業の採択報道

Photo  本日、国土交通省より平成22年度(第1回)長期優良住宅先導事業の採択事業決定について報道発表されました。

 200件の応募の内74件の事業採択が決定したというものです。

 建築工房わたなべでは、昨年度は先導モデル事業として「8件」の施工を手掛けていますので、今回の採択も正式決定を気にかけていた訳です。

 一般社団法人工務店サポートセンター提案の「長期・ちきゆう(地域木造優良)住宅国産材先導モデル2010」

 株式会社エヌ・シー・エヌ提案の「200年住宅コンソーシアムによる建築主サポートシステム」

 上記の2提案が弊社利用可能な事業です。補助金額や募集件数などの正式発表はまだですが、昨年度と同等であれば、一件あたり最大200万円の補助金が受けられると考えられます。

 新築計画の内容や時期にもよりますが、国からの補助金を利用してマイホームを建築できるのであれば、皆さんにとってもチャンスだと思います。尚且つ「先導事業で採択された建物」は、国がこれからの住宅モデルとして認めた「高性能で長持ちする家」なのですから。

 以前から検討して頂いてる方もいますし、枠数の問題もあります。興味のある方はお早めにご相談下さい。

                   営業部  庄司 利明

|

« お祝い電報 | トップページ | さわやかウォーキング »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 庄司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期優良住宅先導事業の採択報道:

« お祝い電報 | トップページ | さわやかウォーキング »