« 今年も宜しくお願い致します | トップページ | 和の文化 »

「木づくり気づかいの家」

1011 富士市大渕で建築中の「木づくり気づかいの家」の基礎工事がほぼ終わりました。来週後半から「建て方」という骨組みの工事が始まります。 このお宅は、長期優良住宅先導モDsc00042デル」として建てられています。長期優良住宅」の基準の一つに「断熱性」がありますが、これは屋根(天井)・壁・床(1階)の断熱性能を上げることで快適で省エネな居住空間を確保する目的です。Dsc00043 床の断熱が悪いと、冬場は足元から冷えてきてしまいます。また、玄関などの「土間」の部分は直接地面に接しているため室内の熱が地中に逃げていく原因になります。土は外気に比べたら熱を奪いにくいのですが、全く無視できるわけではありません。今回のこのお宅も玄関の「土間」が4畳半もあるので「土間断熱」もしてあります。
 この「木づくり気づかいの家」は構造と完成の2回見学会を開催する予定です。出来るだけ多くの方に見てもらいたいですね。
                         営業部 石川

|

« 今年も宜しくお願い致します | トップページ | 和の文化 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 石川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「木づくり気づかいの家」:

« 今年も宜しくお願い致します | トップページ | 和の文化 »