« 住宅雑誌「CONCIERGE(コンシェルジュ)」が本日発売になりました。 | トップページ | 先導モデルの現場続々と着工中 »

住宅版エコポイント

 先日、住宅版のエコポイントが導入されることが発表されましたね。緊急経済対策として閣議決定されたもので、国交省・経産省・環境省の共同事業だそうです。以前からあった家電版と同じで、環境保護に寄与する住宅の新築・リフォームに対してエコポイントを発行するものです。来年1月1日以降の着工物件(新築に関しては今年の12月8日以降の着工で可)で一定水準を充たすものが対象です。この一定水準には、いろいろな種類があって、省エネ住宅になっているという認定が必要です。その代表的なものが「長期優良住宅」の認定です。
 今年6月から始まった「長期優良住宅」の認定制度。私たち建築工房わたなべでも全棟「長期優良住宅」の基準を充たす家づくりをしていますが、その中でも「先導的モデル事業」として国交省から補助金を受けて新築している物件が数件あります。また「普及モデル事業」として行われている物件もあります。どちらも国の補助金を使っているので、「エコポイント」の対象からは除外されるそうです。
 ちなみにこの「住宅版エコポイント」、新築の場合1件当たり30万ポイント(30万円相当分)程度が予定されており、新居につけるエアコンや、冷蔵庫、テレビなどの購入に役立ちそうです。
                            営業部 石川

|

« 住宅雑誌「CONCIERGE(コンシェルジュ)」が本日発売になりました。 | トップページ | 先導モデルの現場続々と着工中 »

ニュース」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 石川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅版エコポイント:

« 住宅雑誌「CONCIERGE(コンシェルジュ)」が本日発売になりました。 | トップページ | 先導モデルの現場続々と着工中 »