« せせらぎに包まれたエコな家 | トップページ | お引渡し »

おぼろ月夜

久しぶりのブログ書き込みで、ちょっと日がたってしまったのですが、書きたいことがあったので書かせていただきます。

Photo 先週の15日、実家に寄ったら「お月見のお供えの果物持ってきな。」と母に言われて、「あー、昨日は十五夜だったんだ。」と気づきました。そういえば、最近お月様まんまるだった・・・。
座敷に行くと、手作りのおだんごと大きな花瓶に活けられたすすきとお花、そしてふかしたお芋やら果物やらが掃き出しの窓に向かって供えてありました。子供の頃から嫁ぐまで毎年見ていた十五夜の風景でした。
祖母に「そういえば満月だったね。」と言ったら、「うん、昨日はおぼろ月夜だったねぇ。」と笑顔で返ってきました。おぼろ月夜か・・・なんか日本語って美しいな~、それからそんな言葉をさらっと使えるおばあちゃんて素敵だな、としみじみ思ってしまいました。
子供の頃はなんの興味もありませんでしたがこの歳になると、こんな様々な季節の行事を苦もなく手間をかけて迎え、日々暮らしている母や祖母の生活が豊かなものに感じます

あっ、今日はお彼岸。会社帰りに寄ったら、母手作りの”おはぎ”が残ってるかしら?
・・・こんなことでは、優雅な日本女性はほど遠いですよね

三島営業所 村山

|

« せせらぎに包まれたエコな家 | トップページ | お引渡し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 村山」カテゴリの記事

コメント

今日は、とらこがよく寝てくれているので、
コメントを書く時間があります。なんだか幸せです。
でも、夜が怖い・・・。ずっと起きているんだろうなぁ。^^;

そうかぁ、満月だったんだぁ。
お母様とお婆様、今もそうやってお供えなさっているなんて、
感動しちゃいます。
いいな。そういうお宅って、風情がありますよね。

「おぼろ月夜」というと、私は源氏物語の「朧月夜」を思い出します。
なんでか、源氏物語は、全ストーリー語ることができるのです。
意外だと思いません?この私が。

おはぎかぁ。私、和菓子が大好きでね。
特に、アンコ系が大好物です。おはぎ、たまりませんねぇ。
で、村山さん、いくつ食べました?
私は、5つ、いけますよ!

投稿: 仙人 | 2008年9月23日 (火) 17時44分

ほんとに、手作りのお団子で、毎年十五夜さんをお迎えするなんて、素晴らしいですね。

季節、季節を大切にする。。。
四季のある日本だからこそ・・・の行事ですもんね。


仙人さま、源氏物語を全ストーリー語れるなんてすごいです。“花園の宮さま”とお呼びしたいです。

私も和菓子大好きですが、、、
宮さまのおはぎ5個はすごいです。。。

村山さんは、お母さまのおはぎをいただくことができましたか?


投稿: えむ | 2008年9月24日 (水) 13時47分

あぁ、またブログ名を変えたくなりました・・・。
「花園の宮」様だなんて・・・、大変、うれしゅうございます。
あぁ、もう気分は、源氏物語に入っておりますでございます。
苦しゅうない、ちこー寄れ!!!
おはぎ、5個なんて、ちょろいもんでございます。

投稿: 仙人 | 2008年9月24日 (水) 16時31分

仙人様

夜は眠られましたか?とらちゃんはおりこうにしてくれたかな?

ほんと源氏物語を語れるなんて、かっこいい大人の女って感じです漫画の『ONEPIECE』の主要登場人物を全部言えるとかとは訳が違いますね
「朧月夜」の話聞きたいです。語ってほしいなー。
ブログ名「花園の宮様」もいいんじゃないですか

私はおはぎ5個はちと無理かな?3個ならなんとか。
でもあんこ大好きです子供の頃は嫌いだったのに不思議ですよね。歳と共に好きになって。
私は絶対”つぶあん派”!でも、これは激論テーマかもしれないですね。

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年9月25日 (木) 10時12分

えむ様

そうなんですよね。季節があって、自然や見えない物(神様やご先祖様とか)を大切にする心や感謝する気持ちがあって、いろんな行事が生まれたのだろうし。

手作りおはぎですけどね、お彼岸の日会社帰りに果物買って実家に寄りました。残念ながらおはぎはもうなかったのですが、お線香をあげてご先祖様に手を合わせてきました。
でも帰りがけにたくさんのりんごと野菜をお土産にもらっちゃいました。ただでは帰らないというか、娘の特権でしょうか・・・ 感謝、感謝・・・。

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年9月25日 (木) 10時26分

私、おはぎ大好きですがぁ~~~、
「こしあん」派 でっす!
もう、こしあんには目が無いです。
タッパ(←分かります?)に、こしあんが入っていたりすると、
タッパのまま、抱えて食っちゃいますもん♪

お土産、たくさんもらって帰れてよかったですね。
でも、おはぎが無かった・・・のは、
ショックではありませんでしたか?
私だったら、かなりのショックです。

これから、「宮様」と呼んでくださいまし・・・。

投稿: 仙人 あっいやっ花園の宮 | 2008年9月25日 (木) 11時09分

花園の宮様へ

宮様はやっぱこしあんですか・・・庶民はつぶあんですよ。
あんまり甘くないつぶあんなら、私も抱えて食べれるかも・・・挑戦したことはないですが

来年の春のお彼岸は、できたら前日実家に行ってぼたもち作り手伝うことにします。それが確実ですよね
子供の頃はあんころ餅にしてもぼたもちにしても、まるめるのを手伝わされたものでした。子供の頃は手があんこでぐちゃぐちゃでしたが、けっこう上手くなったんですよ。あと、手打ちそばを祖母がうつ時の、生地を踏む役はかって出ました。なつかしいです

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年9月25日 (木) 16時27分

宮さま の 御許に。。。

恐れ多いことでございますが、
私もどちらかと言いますと、
おはぎは、庶民派の“つぶあん”でございます~

でも、温泉まんじゅうのようなものなら、
“こしあん”派で~す

“つぶあん派”の宮様なら『花宮大納言さま』と
お呼びしとうございましたわぁ
少々口惜しいことでございます~

(なぜかしら、つぶあんの羊羹には“大納言”と
名前がついていますよね


村山さんへ

私も娘の特権、、、よく利用してます
ほんとに感謝ですね


投稿: えむ | 2008年9月26日 (金) 21時31分

村山殿 えむ殿
あのぉ~~、お恥ずかしいことですが、
わたくしめ、元仙人ゆえ、存じ上げぬことが多々あります。
教えてもらいとうございます・・・。
なにゆえに、粒あんは、庶民・・・なのですか?
苦しゅう無い、、、お答えくだされ・・・。

投稿: 花園の宮 | 2008年9月28日 (日) 00時43分

おそれ多くも・・
宮様に申し上げ奉ります。。。

じつは私も、、、よくわからず
村山殿の「宮さまはやっぱ、こしあん。
庶民は粒あん・・・」の一文に妙に納得してしまった次第でございまして。。。

でも、こしあんは、口当たりもやさしいというか上品な感じがするので、お公家様。。。

粒あんは、油断するとアズキの皮が歯にくっついて
お歯黒に。。。
。。。なんちゃってお公家様?。。。

えーっと、えーっと、
村山どの~ご回答をお助けくださりませ~~

あっ、余談ですが、“大納言”というのは、
大粒の小豆の種類のことなんですね。
甘納豆とか、小倉餡などの高級原料となる小豆らしいです。(単なる羊羹の名前じゃなかったみたいです

投稿: えむ | 2008年9月28日 (日) 21時54分

えむさま 宮さま

。。。。。。。。。。
”なんちゃってお公家様”が妙につぼにはまってしまって。。。。

庶民は”粒あん”の件ですが・・・実はあまり深い意味は・・・・
”こしあん”はやっぱりお上品な感じがするんでございます。
でもですね、考えてみると実家の手作りあんこでこしあんというのは見たことがなかったから、やっぱり”こしあん”というのは手がかかるんじゃないかと・・・後付けですけど
”こしあん”だと、あの小豆の皮はどこに行ってしまうのでしょうね・・・??

あっ、お公家言葉がまったく使えてない

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年9月29日 (月) 11時43分

きゃぁ~、面白すぎぃ~!!!
えむさん、村山さん、いぢめると楽しーーーっ。
お2人の楽しいこじつけ解答に、一人笑いしちゃいましたよん。
こしあんと粒あんの件は、はいはい、納得しました。
ほんと、こしあんの小豆の皮って、どこにいっちゃうんでしょうねぇ。
お歯黒・・ねぇ、えむさんの解答、おもしろすぎです。

大納言、へぇ~そうなんですか・・・。
羊羹名ではないのですね。

こしあん派のわたくしは、やはり上品極まりない人間だ。。。
ということを再確認いたしました。
ありがとうございます。
ちなみに、わたくしは 上智天皇の子孫だそうです・・・。
あっ、皆、誰かの子孫ですよね。ちぇっ。

投稿: 花園の宮 | 2008年9月29日 (月) 15時34分

ぅんもうぉ~宮さまったら、いけずぅーー(# ̄З ̄)

お戯れごとでございましたのねヾ(´ε`*)ゝ


 

投稿: えむ | 2008年9月30日 (火) 10時34分

そう、、、お戯れごとで、ございましたの。
ほほほほほほほ。

投稿: 宮 | 2008年10月 6日 (月) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おぼろ月夜:

« せせらぎに包まれたエコな家 | トップページ | お引渡し »