« 意外と混んでない | トップページ | 外壁の色 »

『あいさつ』という手話

Photo   以前、手話をこのブログで紹介していきますね~と書いたのですが、なかなか実現できず、サークルの友達に写真を撮ってもらったので、やっと載せられます。
手話は動きのあるものが多いので、文章で表現するのは難しいのです。
今回は『あいさつ』という手話を・・・まず人指し指を一本立てた状態を作って下さい。人が二人向かい合って立っているイメージです。この二人が頭を下げる(腰をまげる)感じで関節をまげてもらうと「あいさつ」という手話になります。
最初、この手話を教えてもらった時「へぇー」と思いました。

Photo_4 そしてついでに、『会う』という手話も・・・これは『あいさつ』と最初は同じで、この向かい合った二人(人指し指)を近づけてもらうと『会う』という意味になります。
手話は見る言葉なので、映像的なものも多いです。英語の単語よりは覚え易いのかもしれませんよ

 7月26日(土)・27日(日)に裾野福祉会館で、夏休み手話教室を開催します。今年はお手伝いとして参加したいなと思っています。

三島営業所 村山

|

« 意外と混んでない | トップページ | 外壁の色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 村山」カテゴリの記事

コメント

なんだか、やたらと忙しくて、
ブログにコメントできませんでした・・・。
意外と簡単なんですね!手話って。
(簡単・・・なんて、失礼・・・すみません・・)
まぁ、村山さんが、特に簡単な表現を教えて
くれているのだと思いますが。
これくらいの手話だったら、楽しいですね。
難しいのは、この頭に入りそうも無いです。。。。

投稿: とらこの母 | 2008年7月24日 (木) 13時31分

”とらこの母”さん、いつもコメントありがとうございます 夏ばてはしていませんか?
手話ね~、おもしろいんですけど、ほんとなかなか覚えられないのもあるんですよ。一緒です。覚えたつもりでも、忘れてしまうんですね、これが。県名や国名さえすぐ忘れちゃう!若かったらそんなことはないのでしょうが・・・覚えて忘れて覚えて忘れて覚えての繰り返しですでも続けていけばちょっとずつ身につくかな、くらいの気持ちで、続けることが大切だと、忘れっぽい自分を励ましながら続けています

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年7月25日 (金) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あいさつ』という手話 :

« 意外と混んでない | トップページ | 外壁の色 »