« 本に掲載されています | トップページ | -6% »

7月の『アイデアノ-ト』は、夏休みの工作です。

アイデアノ-ト 親子で工作 保冷剤で芳香剤

毎年、夏休みの工作には頭が痛いというご家庭は多いのではないでしょうか。ここは親が先手を打って、「一緒に工作を作ろう!」と声をかけてみませんか?子供は驚くほどノッてきますよ1

●意外なもので簡単にできる・・ケ-キなどの箱に一緒に入っている”保冷剤”を使って、見た目も涼やかなオリジナル芳香剤を作ってみましょう。 保冷剤には「高吸水性ポリマ-」と「CMC化合物」があり、CMC化合物の方が透明度が高いので、きれいに仕上がるようです。(袋表示をチェ~ック

●材料と手順・・・保冷剤(CMC化合物)、香料(アロマオイル、お菓子用エッセンスなど)、ビ-球、ビ-ズなど、材料を混ぜ合わせるプラスチックコップ、割り箸、スプ-ン、ガラス容器 を準備。

 1.保冷剤の中身をプラスチックコップに取り出す。

 2.好みの香料を加えて、割り箸でよく混ぜる。保冷剤50gにアロマオイル10滴(お菓子用 エッセンスなら20滴程度)

 3.2.を好みのガラス容器に半分まで入れて、ビ-玉やビ-ズを入れ、さらに 2.を入れる。

 4.割り箸を使って、ビ-玉やビ-ズを容器全体にちりばめる。この時、空気が入らないようにスプ-ンで軽く押し込みます。少量の絵の具を混ぜて色をつけても可愛いです2_2

これで出来上がりです 私も夏休みの宿題には毎年困りましたね・・・特に工作は苦手だったかも。自由研究も嫌いでしたねえ。何をやっていいのかさっぱりわからず、親戚のお兄ちゃんにほとんどおまかせ状態今なら、結構ネットで調べる事できますよねえ。うらやましいにゃ~。

心ほっこり編集室 小川 薫

|

« 本に掲載されています | トップページ | -6% »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

『心ほっこり』編集室 小川」カテゴリの記事

コメント

もっと早くこの芳香剤の作り方を知っていたら、我が家の夏休みも苦労しなくて済んだのに

最近はネットで何でも調べる事が出来、便利ですよね。
私は毎年娘に浴衣を着せるんですが、帯の結び方は毎回ネットで。結構助かってますよ

ほっこり君のコメント、ここに載せてしまいま〜す

慢性疲労症候群=更年期だとばかり思っていましたよ。最近は何をするのも嫌で、疲れも取れずだるいし眠いし、一日ボーっと…
小川さんのお神輿かつぎに、三社祭りに出掛けて行ける「元気の源」は何ですか?

願い事の「ジャイアンツの逆転優勝」…敢えてコメントは控えさせて頂きます

投稿: カプチーノ | 2008年7月16日 (水) 01時35分

カプチ-ノ様
私もこの芳香剤作ってみようかと思っているのです。好きな香水を入れるってのはありでしょうか?浴衣も一年に一回なのですぐ忘れてしまうんですよね。そうか・・・ネットで調べればいいんだ。
とらこの母様から、「慢性疲労症候群、私これに該当しますよ・・・」とメ-ルがきたばかりで、”同じだ!”とびっくり
神輿かつぎは、その場の「勢い」というか「のり」というか、あまり深く考えない小川の悪い癖です。ただ、本当に昔から三社祭り=神輿=ハッピ=さらし=白足袋=あのヘア-スタイル・・・にはあこがれがずっとあり、つい「行きます!行くに決まってる!」と言ってしまったわけで。
ジャイアンツの逆転優勝!私はありだと密かに思っているのですが。だあ~って細木和子先生がそう言ってましたもの
心ほっこりのコメント、ありがとうございます。『季刊』や『隔月刊』
にならないように頑張り続けたいと思っていますので、コメントも頑張ってください(@^^)/~~~

投稿: 心ほっこり編集室 小川 薫 | 2008年7月16日 (水) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月の『アイデアノ-ト』は、夏休みの工作です。:

« 本に掲載されています | トップページ | -6% »