« 私の家と暮らしコンテスト | トップページ | 2008年の松下電工新商品内覧会レポ-ト »

夏至

0621  今日6月21日は夏至です。1年のうちでもっとも昼間の長い日。小学校の理科で習ったように、夏と冬では太陽の軌道が違って見えるわけです。当然、地上から太陽を見上げPhoto_3 た角度も夏と冬では異なり、その角度は夏至で約77°、冬至で約31°です。
 暑い夏には日差しは邪魔になり、 寒い冬には日差しが恋しくなる。建物のがこれを調整してくれます。太陽が高い夏は庇によって遮られて窓から直射日光は家の中に侵入しません。冬は太陽が低いので、庇の下から差し込むのです。しかし、この窓の高さと庇(軒)の寸法には計算が必要で、長すぎては冬も日が入らず、短すぎると夏でも日よけにならなくなります。
 最近の住宅は、デザイン性などの観点からがなかったりしますが、日本人が古来より建ててきた建物には必ず庇があるはずです。
 最新の設備や技術だけでなく、ちょっとした工夫で夏涼しく・冬暖かい暮らしをおくることも可能なのです。
                         営業部 石川

|

« 私の家と暮らしコンテスト | トップページ | 2008年の松下電工新商品内覧会レポ-ト »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 石川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏至:

« 私の家と暮らしコンテスト | トップページ | 2008年の松下電工新商品内覧会レポ-ト »