« 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! | トップページ | 米国での「最新トレンド」は? »

基礎の鉄筋

Photo  今日は、富士宮市のN邸の配筋検査でした。
 配筋検査というのは、基礎の鉄筋コンクリートの中の鉄筋が、設計通りの太さ・間隔で入っているかを第三者機関がチェックするものです。家を建てる時、みんな「基礎が大事だよ」とは言うものの、何がどうなっていればいいのかわからないのではないでしょうか。普通の木造住宅は、中の鉄筋の太さや本数というのは結構アバウトなものなのですが、「重量木骨の家」の場合は構造計算により鉄筋が決まってきます。工事中の現場を見ると、どんなビルが建つのかと思われるような鉄筋の作りです。でも、ちゃんと計算するとこれだけの作りになってしまうのです。逆に言えば、一般的な木造住宅の基礎って、あれでいいのかな?ということになりますね。
                             営業部 石川

|

« 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! | トップページ | 米国での「最新トレンド」は? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 石川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎の鉄筋:

« 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! | トップページ | 米国での「最新トレンド」は? »