« taspo(タスポ) | トップページ | 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! »

『アイ・ラヴ・ユー』の映画の話

  社長が以前の私のブログ『アイ・ラブ・ユーの手話の話』を受けて、自身のブログ『住宅屋の気持ち』で【HANDS~友遊共和国~】の活動の話をしてくれました。
手話を勉強したことがあるとは聞いていましたが、身近な人がそういう活動をしていたとは、なんか嬉しかったです

Photo その中で紹介してくれていた、『アイ・ラヴ・ユー』の映画ですが、ろう者の気持ちや生活を知るだけでなくて、心温まる良い映画です
『アイ・ラブ・ユー』の手話ももちろんでてきます 主人公の女性はろう者の忍足亜希子さんが、そのご主人は田中実さんが演じています。素敵なご夫婦とあったかい親子のお話です。
その映画で、劇団員の豪快な女性、小百合さん役を演じている関さんは、静岡県東部にお住まいのろう者です。(他にも静岡県のろう者の方も出演されています。)
聞こえない人が主役のドラマはいくつかありましたが、健聴者が演じているでしょ。この映画はろう者はろう者が演じています。手話をあまり見たことのない人は、その速さに驚くと思いますよ。
関さんはこの小百合さんとすごく似ているところがあって、豪快(パワフル)でおしゃべりで、冗談と人をからかうのが大好きな楽しい人です。もちろん優しいし、この役と少し違うところは健聴者を理解してくれていて、一生懸命手話を教えてくれるところかな
先日関さんからメールが届いて、お会いする機会がありました。相変わらずパワフルだなーと思ったので、ブログに載せようと思いました。
映画の話に戻りますが、ろう者の言語である『手話』奥が深くて素晴らしい『ことば』だと思います。この映画では、ろう者の表現力の豊かさと繊細な気持ちにも触れてほしいです。

三島営業所 村山

|

« taspo(タスポ) | トップページ | 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

営業部 村山」カテゴリの記事

コメント

ろう者の方が ろう者の役。
すごい! 大作でしょうね!
耳が聞こえる・目が見える・口が利ける、
私たちは、こういうことにも感謝しなければ
なりませんね。
手話で、「こんにちは」って、どうやるのですか?

投稿: ひらりん | 2008年3月 9日 (日) 15時21分

ひらりんさん こんにちは。
コメントありがとうございました。

「こんにちは」の手話ですか・・・
私は、文章の説明が下手なようなのです。以前「家族」や「主婦」の現し方をブログに文章で書いたことがあったのですが、建築の新井さんは、全然違う現しを想像してたようで・・・なので、今度は写真に撮って載せようと思っていました。
そしたら、次回の手話のお話は『挨拶』をいくつか紹介したいと思います。すみません、それまで、待っててくださいm(_ _)m 

投稿: 三島営業所 村山 | 2008年3月10日 (月) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アイ・ラヴ・ユー』の映画の話:

« taspo(タスポ) | トップページ | 心ほっこり3月号 昨日夕方発送完了! »