« 研修旅行 其の壱 | トップページ | 小栗邸引渡し無事終わりました♪ »

研修旅行 其の弐

 今回は石川君のブログ「研修旅行」の続きを書きたいと思います。和田倉噴水公園のあと向かったのが、池袋にある『自由学園明日館』です。〔みょうにちかん〕と読みます。ビルの建ち並ぶ大通りをチョット奥に入った場所にあり、国の重要文化財に指定されてる建物です。Photo

 『明日館』とは、どのような建物か?パンフレット等の受け売りですが、少し説明します。1921年(大正10)、羽仁吉一、とも子夫妻が創立した自由学園の校舎として、巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設されたものです。空間を連続させて一体構造とする設計は、枠組壁式構法(2×4構法)の先駆けとの見方もあり、木造で漆喰塗の建物は、中央棟を中心に、左右に伸びた東教室棟、西教室棟を厳密なシンメトリーに配しており、高さを抑えた、地を這うような佇まいを特徴としています。プレイリースタイル(草原様式)とも呼ばれています。

Photo_2

  見学料は600円で、館内を自由に見学した後、ホールにてコーヒーとお菓子のサービスが付いています。ここからは、以前『明日館』の改修工事に関わったという㈱NCNの社長「田鎖氏」と、同営業本部の「中川氏」が同席し、随所で説明を加えて貰い、有意義な研修となりました。館内には、F.L.ライトのミニ・ミュージアムも設置されており、アメリカでの主要な作品の写真(落水荘など)や、日本での代表作「旧帝国ホテル」の写真など展示してあり、建築に興味のある人には勉強になると思います。

 ライトの作品では以前、兵庫県芦屋市にある[山邑邸](ヨドコウ迎賓館)にも行きましたが、共通項としては「大谷石」を随所に使ってる点や、幾何学模様の装飾窓をうまくデザインに取り入れてる所など有りますが、細部にまで拘ってるところには感心してしまいます。

 天井の高い食堂にある「照明」や子供用の「椅子」「テーブル」、上部から差し込む「光」など、ただ単に建物の器を作るというのではなく、【空間】を総合プロデュースしてるという感じです。Photo_3

 「研修旅行」の一日目は、このあと有楽町にある『無印良品の家』の見学へ進んでいきます。SE構法の展示となりますが、このあたりは、また機会がありましたら触れていきたいと考えています。石川君による「其の参」があるかもしれませんが、私の方は…この辺で。

                         営業部  庄司 利明

|

« 研修旅行 其の壱 | トップページ | 小栗邸引渡し無事終わりました♪ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

営業部 庄司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修旅行 其の弐:

« 研修旅行 其の壱 | トップページ | 小栗邸引渡し無事終わりました♪ »